マイホームを購入したら絶対に必要!これを読めば初めての外壁塗装も安心!

家は長く住んでいるうちに劣化も進んでいきます。
特に外壁は雨風や紫外線の影響で劣化が進みやすい部分です。
傷みを放置することは、家の耐久性を落とすだけではなく見た目も悪くしてしまいます。
外壁の劣化が気になってきたら外壁塗装で修繕することも考えてみましょう。
塗装を成功させるためには、業者選びで失敗しないことが大切ですので慎重に選んでいきたいところです。
さらに、塗装にふさわしい季節とそうでない季節もありますので、時期を見極めることも大切です。

マイホームを購入したら絶対に必要!これを読めば初めての外壁塗装も安心!

マイホームを購入した後はメンテナンスについても考えていく必要があります。
特に外壁は家の大事な部分です。
外壁の修繕は外壁塗装という形で行われますが、塗り替えの目安は築10年前後といわれています。
外壁塗装は年間を通じて行うことはできますが外壁の塗り替えは外気温の影響を受けやすいこともあり、春や秋が繁忙期です。
業者選びも大切ですが、やはり実績が豊富で評判の高い業者は安心感があります。
依頼する前には、業者の評判は良く調べておきましょう。
悩んだときは複数社で見積もりをし、比較してみることもおすすめです。

外壁塗装の契約から工事が完了するまでのスケジュール

外壁塗装の契約が済んだら、事前に担当者を交えて工事を行うスケジュールについて説明が行われます。
その後、近隣住民へのあいさつ回りをして外壁塗装を行うための足場の設置を始めます。
足場が設置されたらビニールで養生を行って、壁についた汚れをしっかり落とすために洗浄をしていきます。
洗浄後に劣化の具合を見ながら必要であれば、コーティングをはがして新しいものに張り替える作業をしていき、ようやく、壁に下地を塗ることになります。
下地を塗り終えたら、中塗り・上塗り塗装をしていって最後に仕上げ塗装をかけます。
そのあとで、養生を外して足場を解体して、家の周りを清掃をして終了となります。
ここまでにかかる日にちは平均して14日ほどです。
外壁塗装に関しては、天候に左右されることも多いので、季節によってはもう少し時間を要することもあります。
また、業者の休日が重なった場合や劣化の具合、家の大きさなどによって作業に時間がかかることもある事を覚えておくとよいでしょう。

外壁塗装の工事期間中は常に家にいる必要があるのか?

外壁塗装の施工を依頼した場合、会社による違いはありますが4日から6日程度の日程で済ませることは可能です。
初めて外壁塗装を行う方は、工事期間中には家族の誰かが家にいる必要性があるのかどうかで悩んでしまう可能性もありますが、家族全員が外出をしていても何ら工事に影響を与えることなく問題も起きません。
外壁塗装は当然ながら住宅の外装面に施工する範囲になるので、足場を設置して施工をするには家の中に入る必要は無くなります。
トイレの問題を気にされる方もいますが、殆どの外壁塗装の会社では施工が決まった時点で、周囲で使えるトイレの位置を確認しているものなので、そもそも家の中のトイレを使うことは行っていません。
外壁の洗浄作業を行う工程がありますが、洗浄作業でも屋外の立ち水栓を使うことが基本になるので家にいることなく作業は進められます。
屋外に立ち水栓が無いという住宅では、予め住宅内の蛇口からホースで屋外へ引き込むことで問題はなくなります。

寿命がある外壁塗装で使われる塗料

外壁塗装と言えば、寿命があることで知られていますが一体どのような塗料が一般的に使われているのでしょうか。
基本的に、一般的な住宅に利用されているのはシリコン型と呼ばれるものになります。
このシリコン型の登場は非常に目覚ましいもので、業界をあっと言わせたといっても言い過ぎではありません。
この登場により、より長い期間使い続けることができるだけでなく、費用も安くできるのが注目され、多くの人が利用しています。
そして、迷った場合にはとりあえずこれを使っておけば良いと言われているほどです。
それ以外には、比較的耐久度が高いものとしてはフッ素系のものがよく用いられています。
ただこのフッ素系に関しては、一般の住宅で利用する事はあまりありません。
どちらかと言えば、マンションやビル等で利用するケースが増えています。
何故かと言えば、耐久度が高い割には費用もかかるからです。
加えて、ビルやマンションの場合は塗装のたびに足場を組むだけで相当なお金がかかるため、できるだけいちど外壁塗装をした後しばらく塗装しないような塗料を使うようにしているわけです。

機能性を高めてくれる外壁塗装の塗料

台風や大地震など自然災害の影響を受けたり日焼けで色褪せたり経年劣化でひび割れしたり苔が生えたりなど、外壁塗装のきかっけになり得るものは幾つかあります。
汚れや亀裂や変色などの症状が出ているのにそのまま放っておけば外構のインテリア性や審美性を損ないますし、外的なダメージから建物を守るという役割も果たせなくなります。
屋内の壁や家具のペンキ塗りと外壁塗装は似て非なるものです。
ペンキ塗りならDIY感覚でセルフでカジュアルに行っても問題ありませんが、外壁塗装の場合は失敗が許されませんのでセルフで行わずにプロに任せるのが正しい選択です。
業者に任せれば機能性が高い塗料を用いて状況に応じた最適な塗装を施してくれますし、仕上がりも完璧で素人の作業とは大違いです。
用いる塗料や工法や面積などによって価格は違ってきますが、相場は数十万円程度です。
見た目の美しさと機能性を維持するためには、10~15年に1度の頻度で外壁塗装を行うのが理想的です。

外壁塗装に関する情報サイト
外壁塗装の重要性

家は長く住んでいるうちに劣化も進んでいきます。特に外壁は雨風や紫外線の影響で劣化が進みやすい部分です。傷みを放置することは、家の耐久性を落とすだけではなく見た目も悪くしてしまいます。外壁の劣化が気になってきたら外壁塗装で修繕することも考えてみましょう。塗装を成功させるためには、業者選びで失敗しないことが大切ですので慎重に選んでいきたいところです。さらに、塗装にふさわしい季節とそうでない季節もありますので、時期を見極めることも大切です。

Search